デヴィ夫人の資産と経歴は!?自宅は豪邸!?子供はいるの!?

なにかとテレビ出演されているデヴィ夫人ですが、とても大統領元夫人だけあってとてもつない富豪なオーラがでていますよね。
とても73歳には見えない美貌も持っております。
そんなデヴィ夫人の経歴に富豪になった理由が隠されていると思い、経歴を調べて見ましたがとても波乱万丈な人生を歩んでいらっしゃいました。

デヴィ夫人_2

デヴィ夫人の資産と経歴は!?

デヴィ夫人_2
本名(インドネシア名):ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
※日本語で宝石の妖精
本名(日本名):根本 七保子(ねもと なおこ)
生年月日:1940年2月6日(73歳)
出身:東京市麻布区霞町
出身高校:東京都立三田高等学校定時制部を中退

昔のデヴィ夫人の写真を見るととても日本人離れしていてハーフ?と思われる方もいるみたいですけれども純粋な日本人です。
にしてもかなりの美人ですね!

高級クラブから人生を変えた!?–簡易経歴–

デヴィ夫人の今までのイベントをおおまかに分類すると下記のようになります。

1.大工の貧しい家元に生まれ、弟との2人兄弟で家計を助けるために高校を中退して高級クラブで働く。
この高級クラブ『コパカバーナ』がスカルノ大統領が日本に来日した時に接待として使用されていた

2.19歳のときに、インドネシアへの開発援助に伴い「東日貿易の秘書」という名目でスカルノ大統領のもとに送られ、愛人の一人になりその後正式に第3夫人となる。

3.スカルノ大統領の死後、第3夫人としての遺産分与が行われる。

4.娘カリナを連れ、パリに亡命。社交界の華として賛美され、”東洋 の真珠”と称される

5.アメリカのニューヨークへと移住する。

6.現在に至る

富豪になった理由はスカルノ大統領の遺産分与によってなのでしょうか!?それとも・・・

結論

あくまで推測です。当然総資産額などは公表されていませんので。
デヴィ夫人もそこらへんの事は一切口にしていませんね。

経歴を見る限り、第3夫人としての遺産分与である程度のまとまったお金を得たことは間違いなさそうです。

大統領夫人としての人脈を生かしてさまざまな社交会に顔を出しています。
政界の人と世界のお金持ちを結びつける人脈を生かしたビジネスで莫大な手数料を得ていたと聞いたことがあります。
ここでひと財産築いた可能性はあるとおもっています。

たくさんのメディアにもでて収入も得ているとは思いますが、ニューヨークの豪邸や自宅、身の回りの宝石類見るととてもじゃないけどメディア収入だけじゃ足りないと思います。

今は、株式会社デヴィーナ・ソサエティという会社の代表取締役をやっているみたいですね。(美と健康のためのハチミツを売ってるみたいですが・・・)

にしても想像以上の財産を持っていると思われます。

デヴィ夫人の自宅は豪邸!?

渋谷区にあるデヴィ夫人の自宅

デヴィ夫人_自宅

10月25日「ぴったんこカンカン」にも出演予定で自宅が出るみたいです。
気になる方はご覧になって下さいね。

デヴィ夫人の子供は!?

スカルノ大統領との間にカリナという娘さんがいます。
カリナ

デヴィ夫人に似てとても美人ですね。

まとめ

今回はデヴィ夫人を調査してみました。
とても波乱万丈な人生を送っていますね。
資産に関しては、具体的な金額は分りませんが相当な額だと思います。
貧乏な家柄~大統領夫人~大金持ち、まさにシンデレラストーリー。
並々ならぬ努力をしてきたんでしょうね。

メディア露出も多いのでまだまだお茶の間を賑わせてくれそうですね。
73歳にしてあの美貌素晴らしいと思います。